うつ病の原因や改善のためにできる事、オススメの薬などを紹介します。

レクサプロ エビリファイ デパス

うつ病の治療

国内でうつ病をわずらっている人は100万人以上に及ぶと言われ、その数は年々増加傾向にあります。現代のストレス社会では、うつ病は誰もが発症する可能性がある身近な病気です。うつの解消には、バランスの取れた食事や十分な休養・睡眠を取る事が大切です。それと一緒に、抗うつ剤など適切な薬を服用する事も考える必要があります。

このページではうつ病の治療に使用される薬にどんな種類があるのか解説します。レクサプロやパキシルなど有名な抗うつ剤の海外ジェネリック医薬品の通販も紹介するので、うつで悩んでいるけど病院に行くのをためらっている方は参考にしてください。


うつ病に効く薬オススメ一覧

うつ病に効く薬の中でも特にオススメしたいものをいくつか紹介します。

レクサプロ・ジェネリック

レクサプロ・ジェネリック

エスシタデップ(S-Citadep)は抗うつ剤レクサプロの海外ジェネリック医薬品です。不安や緊張を和らげる効果があります。有効成分のエスシタロプラムシュウ酸塩が体の中のセロトニンを増やし、神経の働きを改善します。うつ症状の改善に使われる薬で、個人輸入代行サイトの通販で購入することができます。

レクサプロの詳細


レクサプロ・ジェネリックの通販はコチラ

エビリファイ・ジェネリック

エビリファイ・ジェネリック

うつ病や統合失調症の治療に使われるエビリファイのジェネリックとして、海外ではアリピプラゾールが販売されています。エビリファイは日本で2006年に処方薬として承認されていて、副作用が少ないという特徴があります。エビリファイと海外ジェネリックの有効成分の効果は同じで、同じような症状の改善に期待できます。通販を利用してジェネリックを購入する事ができます。

エビリファイの詳細


エビリファイ・ジェネリックの通販はコチラ

パキシル・ジェネリック

パキシル・ジェネリック

パキシルのジェネリックのパロキセチンは通販で購入することができます。パキシルの有効成分パロキセチン塩酸塩水和物は脳の神経に働きかけて体の中のセロトニンの量を増やします。副作用の少ないこの薬は主にうつ病の改善に使われ、有効成分が同じジェネリックにも同じ効果を期待する事ができます。

パキシルの詳細


パキシル・ジェネリックの通販はコチラ

知名度No1デパス

デパスの購入

日本で開発されたデパスは精神や神経の症状に使われる薬の中でも特に知名度が高く人気のある薬です。うつはもちろん、神経症や不安障害といった幅広い症状の改善に効果があります。

デパスの詳細

デパスのジェネリック!エチラーム

エチラームの購入

エチラームは精神安定剤デパスの海外ジェネリックです。有効成分のエチゾラムは神経にあるGABA受容体という場所の働きを抑えることで興奮を鎮めます。デパスのように高い効果がある事で有名です。

エチラームの詳細

うつ病の改善に使われる薬を紹介しましたが、上記のうちデパスとエチラームは日本の法律の改正により個人輸入ができなくなりました。

他の3つ(レクサプロ、エビリファイ、パキシルそれぞれのジェネリック)は個人輸入代行サイトを利用した通販で購入する事ができるので、デパスやエチラームが手に入らなくなって困っている方は代わりの薬として購入を検討してみてはいかがでしょうか。

抗うつ剤の種類

女性

体に働きかける仕組みの違いによって、うつ病の治療に使われる薬はいくつかの種類に分けられます。それぞれ効果が現れる速さや強さ、副作用などが異なります。

うつの改善に使われる薬

現在、うつの改善に使われている薬を大まかにグループ分けしました。それぞれの薬の特徴を説明します。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

病院で最も多く処方される抗うつ剤です。うつや不安といった症状には脳の中のセロトニンという物質の減少が関わっているとされています。 SSRIはこのセロトニンの量を増やし症状を改善する効果を持っています。確かな効果に加えて高い安全性が知られていて、非常にバランスがよい薬となっています。

現在、国内で処方されているSSRIにはレクサプロやパキシルの他に、ルボックス、デプロメール、ジェイゾロフトなどがあります。


SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

SSRIと同様に高い効果と安全性を併せ持つ薬です。SNRIはセロトニンだけではなく、同じく脳の中の物質であるノルアドレナリンも増やします。 痛みを抑える効果もあることから神経痛の治療にも使われるこの薬には、ミルナシプランやデュロキセトン、ベンラファキシンなどがあります。


NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)

比較的新しく開発された薬で、セロトニンとノルアドレナリンを増やします。似た効果を持つSNRIとは薬が効く仕組みが異なり、かゆみなどのアレルギー症状を改善する効果もあります。国内ではミルタザピンなどが処方されます。


三環系抗うつ剤

抗うつ剤の歴史の中では最も古く、1950年代頃から心の症状の治療に使われています。うつ病、不安感、強迫性障害などを改善する効果があります。 副作用の強さが問題になっていて、現在ではSSRIなどに取って代わられる場合が多いです。 トフラニール、アモキサンなどの薬があります。


四環系抗うつ薬

三環系抗うつ剤のデメリットである副作用の強さを改善したものです。副作用が軽減された分、三環系抗うつ剤に比べて効果が乏しく、現在ではほとんど主体的に使われることはありません。


SARI(トリアゾロピリジン系抗うつ薬)

セロトニンが減少する仕組みと神経に結びつく仕組みに働きかけることでセロトニンを増やす薬です。レスリン、デジレルなどがあります。


MAO阻害薬(モノアミン酸化酵素阻害薬)

セロトニンや同じく脳の中の物質であるドパミンを分解する酵素の働きを抑える薬です。抗うつ効果もありますが、現在では主にパーキンソン病の治療薬として使用されています。


NDRI(ノルアドレナリン・ドパミン再取り込み阻害薬)

国内では認可されていない薬です。ウエルブトリンなどがあります。


SSRE(選択的セロトニン再取り込み促進薬)

フランスで開発された抗うつ剤で、こちらも国内では認可されていません。薬の種類としてはチアネプチンなどがあります。


抗不安剤

デパスなどがこれに含まれます。気持ちを静めたり、睡眠を促す効果を持っています。薬によって効果が続く時間に差があります。


うつ病の治療薬には様々な種類があり、飲む人の体質によって合う合わないがあります。服用する場合は、その後の体調や症状の変化に注意するようにしましょう。

うつ病の症状

うつ病の症状には 抑うつや不安感といった精神的な症状と、頭痛や睡眠障害などといった身体的な症状の「こころ(精神)」と「身体」の両方があります。

こころ(精神)の症状
・抑うつ
・不安感
・意欲興味の低下
・自殺願望
・焦燥感

身体の症状
・頭痛
・睡眠障害
・食欲の低下
・体重の減少
・倦怠感
・動悸
・性欲減退

上記のような症状がうつ病の症状として挙げられます。

うつ病の原因

女性

うつ病の原因は様々あり、複数の要因が複雑に絡み合ってなることもあります。 また、1つの原因が引き金となって、それ以降の体験が全て影響を与えていくこともあります。 うつ病になる原因の1として、その人が持つ性格があります。

真面目な性格で、何事も深刻に考えてしまう人や、気持ちの切り替えがうまく行かず、クヨクヨ悩みがちな人はなりやすい傾向にあるのです。 たとえば、学校の先生や公務員など、真面目な職業ではなる人が多いと言われています。 こうした性格に加えて、うつ病に陥るうえでは、何らかのショックやストレスが加わります。

仕事がうまく行かない、仕事が忙しすぎてオーバーワークとなっている、仕事と家事、育児の両立で心身ともに疲弊しているなど、仕事や家庭での仕事の重圧やプレッシャーが影響するケースは多くあります。 また、職場やママ友、近所の人や親せきなど人間関係が上手くいかないことが、引き金となることもあります。

女性

こうした原因が絡み合うことも多く、たとえば、仕事が上手くいかなくても、職場の人間関係が良好でフォローしてくれる人がいたり、相談にのってくれる人がいれば、精神的なダメージは少なくて済み、立ち直ることや気分転換が可能です。

一方で、仕事がうまく行かないうえ、それを叱責されたり、なじられたり、職場での疎外感や劣等感を抱いたりすると、精神状態が悪化して、やがて会社に行けなくなるといった出社拒否の状況が現れたりするのです。 外に出て働いている人に多いと思われがちですが、家庭内での暮らしでも十分に起こりえます。 最近多いのは育児ストレスを原因とするものです。

核家族化で、育児をフォローしてくれる家族がなく、新米のママが一人で子育ての悩みを抱え込んでしまうことにより、育児放棄や虐待という現象が現れたり、精神的に不安定になることがあるのです。 ママだけでなく、イクメンと呼ばれるパパの間でも広まっており、子供を思うように扱えない、妻に不手際を叱られるといったことが原因でうつ病になる男性も少なくありません。

うつ病になったらどうすればいい?

女性

うつ病にならないように予防するには、バランスの良い食生活、規則的な生活を心がけることが一番でしょう。そしてストレスと上手く付き合うことが大切ということは誰しも考えつくと思います。
しかし、いざ抑うつ症だと疑われる症状が現れたらどうすれば良いのか?検査・診断方法を紹介します。

検査・診断方法

女性

急に喜びを感じなくなったり、何かの失敗の際に落ち込みが激しかったり、やる気が出なくなったら、心療内科医院や精神科の医療機関にかかるとします。 そこで、専門である精神科医の診察を受け、医師は定められた診断基準に沿って「うつ病」と診断を下します。

また、眼に見えるものではないため、診断基準だけでは判定がつかない場合は、心理検査(テスト)を併用して実施し診断に至るという場合もあります。 まず、最初に聴かれることは一番の悩み・困っている内容などの患者さんの訴えです。 困っていることは仕事で失敗すると落ち込むといったものから、夜寝付けないという不眠の訴え、そして朝仕事に行くときにとても苦痛だという訴えも最近多い訴えとして挙げられています。

うつ病の診断チェック


次に、打つ症状発症までの「経過」ですが、発症の原因やきっかけ、現在の進行の度合い(改善傾向なのか、より悪化しているのか)、最初に感じた時からの時間はどのくらい経っているか日常生活ではどのくらい支障をきたしているのかなど、診断確定に必要なことを聴かれます。

女性

その他には自分が思う性格と家族や友人から言われる「性格」、生真面目か執着するタイプかというものから兄弟の有無、一人っ子かとそれが正確に与える影響があるか、生い立ち、いじめを受けたことがあるか、両親との関係まで「性格・思考」に影響することと、身体的な病歴・既往歴が聴かれます。

以上の事細かな問診を受け、話し辛いということもあるかと思いますが、より良い治療、自分に合った治療を受けるには、医師との信頼関係が重要になるので、隠さず身をゆだねることも対策の一つと言えるでしょう。

しかし人間ですので、自分とは合わない、信頼できないと感じる医師に出会うこともありますから、情報を集めて受診することが大切でしょう。 うつ病に限らず、長期治療が必要となる病気では、全くの医師任せではなく、患者自ら医療へ参加するという意思が高いコンプライアンスを得られ、早期改善につながるでしょう。

自分に合った薬

女性

日常生活に支障をきたすようになった場合には、精神科医の診察を受け、医師が処方した薬を服用するわけですが、現代病ともいわれるようになった「うつ病」「ストレス病」。

また近年、米国の診断の進化により、日本でも認知が広まった「自閉症スペクトラム」や「注意欠陥障害/多動性障害」、「広汎性発達障害」、「人格障害」がうつ病の隠れた原因となっていることを訴える医師が増えています。
そして、米国のICD10およびDMS分類といううつ病の診断基準では、原因や発症原因の疾患・障害によって、より細分化され、適切な治療を受けられるように整ってきています。

しかし、そんな医療機関でもまだまだうつ病を治すには時間がかかり、孤独なたたかいを強いられます。かかりつけの医師と合わなかったりととても大変です。重要な薬物療法においても、副作用が出るので、自分の体や生活に合った抗うつ剤・抗不安薬を見つけることはうつ病と向き合うための重要なファクターの一つとなります。

また薬の目的ですが、症状ピーク時の使用でうつ症状だけでなく不安・緊張の軽減、幻覚、妄想、強い執着といった症状を取るという第一目的と症状が安定したあとや社会復帰へのリハビリ中、再発の予防をするということが第二目的があります。

うつ病についてよくある質問

Q&A

もくじに戻る

トップに戻る